Infomation

(写真展開催)

海外の写真サイト「LensCulture」にて作品を公開しています。

特集記事
Ways of Seeing: On the Streets or from Your Kitchen Window(written by Jim Casper)


30_02_hajime_inomata_edited1_2


(ホームページ)
Hajime Inomata Photography

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 01, 2016

日々のこと

_h024706_

学生時代にやっていたギターを再開して5ヶ月。
なかなか思ったようにレベルアップできないけれどそれがなかなか心地よい。

ギターといってもクラッシックギター。
正確には再開というよりも新しく始めたという方がいいかもしれない。
ギターといえば同じようなものに思えるのだけど、じっくり向き合うと本当に勝手が違う。
左手の指の動きが鈍いのは時間が解決すると思う。
でも、なにより弦のテンションがエレキギターのそれと比べると全く違う。
左手のフィンガリングがいい加減だと、ものすごく情けない音しか出ない。
それと、右手の指、フォーム等々、いろいろと覚えることが多い。

誰に干渉されるわけでもなく、
自分が楽器と向き合った分だけ上達する。
その感覚がなんだか心地よい今日この頃。

|

August 31, 2016

31日

_h024619__2
明日は9月です。

|

August 24, 2016

夏の日

1_h024601
写真は先日の北海道道東の旅行にて。
キタキツネは計3回も見かけた。
この子に限っては、車慣れしているのか、道路の傍らで大人しくジッとしていた。
車を路側に寄せて写真を撮った。
それにしてもそのあと、車にひかれていないといいのだけれど。

ありがたいことに、7月から9月までの間、5日間の夏休みをいただける。
でも、これがなかなか取るタイミングが難しい。
昨年は膝の手術後のリハビリなどもあり、
職場には申し訳なかったのですが、かなり強引に休みを入れていた。
しかし、さすがに今年はそうもいかず、
通常業務の進行や台風対応などなどを睨んでしまうと
どうしてもうまく休めない。
そして休んだところで、楽しい予定を立てられず
自宅で雑事をして終わりという感じなのであります。

そんなわけで、本日はお休み。
予定がないので家事だけでもばっちりやってやろうと思ったそばから
携帯に気象警報発令の通知が。
なんと大雨警報とのこと。
ものすごい快晴だったのに、洗濯をする踏ん切りがつかず。。。
昼を簡単に済ませて、昼過ぎの空いている時間のスーパーで買い物。
15時半から無駄にカレーの仕込みを始め、
リコピンが多いというトマトでサラダを作ったりしてたらもう夕方。
結局、思っていたとおりの地味な夏休みに。
休みがもったいない気がするけど、まあこんなものでしょうか。
あとは、カレーが美味くできているといいのですが。

|

August 21, 2016

真鶴港沖防波堤工事

_h022999_


本業のことはあまり書かないのですが、
職場のフェイスブックページで担当している沖防波堤工事が紹介されています。
ここ数年は海の男(?)でした。
工事は8月上旬にほぼ終了。
台風ラッシュのここ数週間を前にして工事が終わっていて本当によかった。
平成一ケタの時代の台風による高波で
港内の漁船が周辺の家屋や道路に打ち上げられ甚大な被害が生じたそうです。
この沖防波堤の整備によって、港内の静穏度が確保されます。
とはいうものの、明日以降の台風もそれなりの波と風雨が予想されるので
場合によっては今週もまた配備で泊まりになる予感が・・・。
真鶴の琴ヶ浜にある遊歩道から見た写真と船の上から撮った写真は自分が撮影。
その他の写真とテキストは別の方に作成していただいています。
お時間ある方は覗いてみてください。


|

August 11, 2016

部屋

_h024691_


|

August 08, 2016

道東の旅

160808_h024521_

夏季休暇を使って釧路へ出かけました。
釧路に行ったのは20年前の北海道一周貧乏ツーリング以来。
ただ、道中見かけるライダーの数は20年前より明らかに少なく、
ホクレンで給油するとタダでもらえた、あの旗は1枚150円の有料に。
当時泊まった釧路のユースも無くなってしまったり、ロードサイドショップが多くなっていたりと
この20年で少しずつ、街の様子も変わってしまったようでした。

今回の旅行では自転車、鉄道、カヌーで釧路湿原を満喫。
先週の豪雨で釧路川の水量が増し、湿原の中の至る所に沼が出来ていました。
流れのないその沼地にインディアンカヌーを進め、パドルを休める。
数キロ先に小さく見える雄阿寒岳、雌阿寒岳まで、人工物が何一つ目に入らない。
主に聞こえるのは釧路川のせせらぎと、風にそよぐ木々の葉とヨシの音。
時折、エゾジカやアオサギの甲高い鳴き声が響きます。
同じ日本とは思えない素晴らしい場所で命の洗濯が出来ました。

さすがは北海道。道中、牧場で放牧されている牛や馬はもちろん、
そして、エゾシカ、キタキツネ、オジロワシ、タンチョウヅル等々の野生動物などに
何度もお目にかかることができました。
さらに食事はどの店に入っても美味しくてハズレなし。
最高気温が25℃の快適な毎日。
満足度120%の4日間でした。

そんなわけで、関東の蒸し暑さが尚更カラダにこたえる月曜日でした。

|

July 24, 2016

人間のないモノ

_h024134__2

「人間は、ただ、人間のみを恋す。人間のない芸術など、有る筈がない。」

坂口安吾の「日本文化私観」の一節。
ここ数日、頭の中にこびりついていて離れない。

SNSやネットでたくさんの写真を拝見するけど
その人の何某かがにじみ出ているような写真はほとんとない気がする。
正直退屈極まりない。
いや、そうじゃなくて自分の感性が鈍いから、何もわからないのかもしれない。
でも、多分、そういう写真はとっておきの作品だから
簡単には垂れ流さないのかもしれない。

心揺り動かされる写真が見たい今日この頃です。

|

July 13, 2016

watch your mouth

_h024108_

なんというか。
世知辛い世の中ですよね。
ホント。

|

June 19, 2016

プレゼント合戦

H023448

本日は父の日だったので、昼前に自分の実家へ。
午後に一つ寄るところに寄って、夕方からは家人の実家へ。
それぞれにプレゼントを持って行ったのだけれど
結局、帰りにお土産を色々もらってしまい、
帰りの手荷物は行きに持っていた荷物より量が多いという。
これじゃあ、どっちがお祝いしているんだかわからないなぁと感じた日曜日の夜。


|

«無題