« a lookout point | Main | vivid »

January 18, 2006

表現の意図

kiken0001
 正月休みに撮影。標識の向きに疑問を感じたものの、砂浜にある→海にあるのだという思考の飛躍を経て、この向きでもかまわないだろうと納得しました。
 さて、今日は個人的な意見を少々。ちょっと読んでも写真と関係ないんですが、そこのところはご了承ください。 本題に入ります。
 文章・言葉の表現っていうのはかなり難しいです。コミュニケーションでその難易度に順位付けをするならば、(メール)>(電話)>(実際に顔を見た会話)っていう感じでしょうか。仕事柄、沢山の方々とお話をする機会(感情むき出しのクレームをうける事)があるのでなおさらそう感じています。電話で厳しい罵声を浴びせかけてくるような人っていうのは、以外に実際に会うとそんなに何も言えないものです。当然メールのやりとりでも同じことがいえるのではないのでしょうか・・・・
 僕の仮説ですが、コミュニケーションの難易度の順に実は多くの人(自分も含めてですが・・・)は、言葉が適切かどうかはわかりませんが”虚勢”を張ってしまっている感があるのではないかと思うのです。
 最近特に気になるのがインターネット。
 インターネットの世界には本当に沢山のサイトが存在し、各々のサイトはそれぞれの管理者により、”表現の自由”という名目の元、人の悪口であったり、仕事や学校の悩みであったり、個々人の感情の捌け口のみに使われているようなサイトが実際にあったりします。見ていてとても寂しい気分になること請け合いです。。。少なくとも楽しい気分になったり元気が出たりはしません。。。(個人的には)
 ”自由”っていうのはそもそも何をしても言い訳ではなくて、人間の社会で生きている以上なんらかの責任を伴うものなのだと僕は思っています。そう考えると多くの制約が自然と伴ってくるのが普通なのだと思うのです。リアルな人間社会ではそれはある意味常識なんだと思うのですが、ことネットの世界になるとそれから逸脱している人が多いような気がします。気のせいでしょうか。顔が見えないから何を言ってもいい。そう思ってしまったらどうなんでしょう・・・
 さて、そういうある意味厳しいサイトを見るのが大人だけなら分別もあるでしょうし、かまわないと思うのです、(僕は大嫌いですが・・・)。見たくなければ見なければいいのですし。ですが、今はとても小さな年齢からインターネットに触れられる環境になっています。そういう意味で大人である人間たちがどういう表現をすべきか。これはかなり難しい問題だと思います。(自分も含めて、まだまだ反省する点は多数あります・・・)
 僕はせめてこのブログを書くときはあまり人に不快な思いをさせたりしないような文章にしたいと思っています。少なからず不特定多数の人が見ることが出来るサイトですし・・・
 だから、昔から僕のことを良く知る友人には、何をとぼけて・・って感覚があるやも知れませんが、そこのところはご容赦ください。m(_ _)m
  なんだかわかりませんが、なんとなく気になってしまったので徒然なるままに書いてしまいました・・・・ではでは☆ 

人気blogランキングクリックお願いします!

|

« a lookout point | Main | vivid »

Comments

黒兎さま
文章って言うのは本当に難しいですね。気をつけて書かないといけないなぁと常々思っています^^;

Posted by: hiliving | January 22, 2006 at 12:26 PM

本当にネットって、直接話してるのと違って
顔色がわからない、電話と違って声で感覚
もわからない。
本当に言葉の受け取り方次第なんだよね。
手紙だと、そこに温かみがあるけど、それも
基本的に無機質。

俺も前にそういう経験してるからねぇ。
気をつけないとね。

Posted by: 黒兎 | January 19, 2006 at 09:28 PM

ojunさま
 そうですね。ブログを見てくれる人が昔から知っている人である場合とそうでない場合があるので。
 文章の書き方については注意しないとちょっとしたことでも簡単に誤解されてしまうものです。気をつけないといけないね。

Posted by: hiliving | January 19, 2006 at 06:17 PM

確かに言葉とは難しいですな・・・相手の捕らえ方では暴力にもなるのですから!子供には少なからずいい影響与える事がないように感じますね。(ネットは)

仕事柄やはり先生などのご職業の方は・・・「うちの子にだけはネットをさせたくない」とか小さなお子さんをお持ちのお父さんも「携帯でインターネットだけは・・・」との声も聞こえますね!

相手の顔を知らないのが怖すぎると言ってましたね。便利でいいものだが・・・使い方一つで恐ろしく怖いのもだと痛感してますね。

Posted by: ojun | January 18, 2006 at 11:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/8222532

Listed below are links to weblogs that reference 表現の意図:

» 毒舌と暴言 [実録!黒兎の戯言]
正直な話普段生活している時、毒舌だと言われる事があります。実際天然の毒舌ではなく、実際皮肉を込めて毒を吐く時って確実にあるのですよ。でも、ブログの中では基本的にそれはやらない様にしたのです。以前はそういった毒を吐いていた時期もあったのですが、友人に心配さ....... [Read More]

Tracked on January 19, 2006 at 10:05 PM

« a lookout point | Main | vivid »