« 雲 | Main | 旧家 »

July 07, 2006

休日

Farmt0001

 またもやファーム富田の写真です。しかもただの観光の様子の写真です。何も考えないでも撮れてしまう写真ですが、でもきれいだと思うので載せてみます☆
 私、おかげさまで遊び疲れて風邪をひきました。結構高熱。
さて、ファーム富田は何で有名かと申しますと、花やラベンダーはもちろん、”北の国から”でも撮影で使われております。お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか?場面は純と蛍がまだ子どもの頃、五郎(田中邦衛)さんと離婚した母親(いしだあゆみ)が二人を尋ねて富良野にやってきます。そのとき3人で遊びに行った花畑がファーム富田なんだそうです。そう思うと感慨深いです。
 さて、麓郷へ向かいます。ご存知の方には釈迦に説法ですが、北の国からの舞台は富良野の中の”麓郷”と言う地域の物語です。富良野自体は駅もあり、それなりに商店街もあるので(撮影当時は分かりませんが・・・)あまり、自然が多いとは感じない部分もあります。しかしながら麓郷という地域は、富良野駅から更に30分ほど山間に入ります。以前バイクでツーリングした際は、幹線道路を辿って麓郷へいったのを憶えています。今回はレンタカーにカーナビがありますのでそれを利用してみますと、あれよあれよとものすごく細い山道を指示してくれるのです。ちょっと不安でしたが、無事にたどり着くことが出来ました。。。
 ちなみに地井武男さんが演じる中畑のおじさんの木材屋である”中畑木材”も実在の材木屋さんを使って撮影したんだそうです。僕とうちの奥サンは、中畑木材が気になって仕方ありませんでした・・・
 そしてもうひとつ気になったのは、空知軒というラーメン屋さん。このラーメン屋さんでの場面は、五郎さんと蛍と純でラーメンを食べにいくのです。それまでの話の流れが非常に切ないのですが、簡単に言うと純が嘘をついていて、それを五郎さんに泣きながら謝るという場面です。お店の人は時間間際に来た三人をとてもいぶかしく思っていて、早く食器を片付けてしまおうと、食べている途中の純や蛍の丼も下げようとするのです。(ひどい・・・TT)
そして五郎さんが一喝、”子どもがまだ食べている途中でしょうが!”ってな場面です。なかなかいい場面です☆
しかしながら、空知軒は実在のラーメン屋さんではないそうです。残念でした。。。 

 話が長くなってすみません。そんなわけで麓郷へついたのでした。 (つづく)

|

« 雲 | Main | 旧家 »

Comments

tea☆aromaさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
仰るとおりで光の加減やモードによって写りは違ってきます。デジカメだし、何枚も撮って遊んでみてください!
北海道はいいですよね^^
僕も学生の時以来二回目でした。とても爽やかでよかったですよ!
レンズは標準(多分セットでついているレンズ)でも、撮り方次第で撮れますよ。いいレンズを持っている人がいい写真を撮れるとは限らないというのが僕の持論です。(自分への戒めも含めて・・)
レンズ買うときには相談に乗ります☆是非またいらして下さいね^^

Posted by: hiliving | July 09, 2006 at 10:45 PM

初めまして。mixiを最近始めて、足跡を辿って来てみたらとても素晴らしい写真なので書き込みをしようと…。
私もEOSKiss Digitalを持っていますが、お恥ずかしい話、オートで撮っているのがほとんどです。
光の入り方?によって写真の写り方が違うので、補正や違いモードで撮ればいいのかしら?という程の初心者(勉強不足)です。
でも写真を撮るのは好きなんですよね。
北海道は好きでよく行くのですが、景色がきれいですね。hilivingさんのように素敵な写真が撮れたらいいなぁと思いました。
標準レンズでは無理ですよね!?レンズも色々あって高いですよね。何か1つ買おうかしら!? ではまた素敵な写真を見にきますね。

Posted by: tea☆aroma | July 09, 2006 at 12:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/10822215

Listed below are links to weblogs that reference 休日:

« 雲 | Main | 旧家 »