« 情熱的 | Main | 陽射しを浴びて »

October 03, 2008

劣等感

Res02413

GRDigitalⅡ

時々ですが、非常に劣等感に苛まれる事があるのです。
思い出すと結構小さいときからそうだったかもしれません。
理由はわかりませんが、とにかくまあ、そんな日があるのです。
今日はそんな日だったかもしれません。
え、病んでるって?
そうかもしれません。。。ホント。

暗い話題なのでおもしろかった話を思い出してみます。
仕事の先輩の名言。

”1000円で男を落とすことがあるから気をつけろ”

これは別に男の人を好きになっちゃったとか言う意味でなくて周りからの評判という意味。
たとえば飲みに行った時に、周りの人間よりも先輩であるなら
1000円の出し惜しみはするな。って感じです。
でも、これは同期同士や友達同士でも言えるところ。
1000円を出すチャンスがあったときには思い切って出すべき。
それでもってその人の器の大きさが周りから量られてしまったりするのです。
気が付かないところで男を落とすことの無いよう注意せねばなりませぬ。


|

« 情熱的 | Main | 陽射しを浴びて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/42675474

Listed below are links to weblogs that reference 劣等感:

« 情熱的 | Main | 陽射しを浴びて »