« アシ | Main | 嵐の中で »

April 26, 2009

偶然と必然

Img_1602
EOS5DMarkⅡ

この写真は仕込ではなくて、本当にここにバラおいてありました。
自分でもその状況に一瞬目を疑いました。
ここの所疲れてるから、とうとう幻覚を見るようになっちゃったのかなぁと。
しかし、周りを見渡したところ、見切れていますが写真の左側に花屋さんがありまして、
なぜか花屋さんが中途半端な位置にバラの花を放置していたところを撮ったという次第です。
撮った写真自体を説明するのは嫌いなのですが、
まあこれは自分でも本当にラッキーだったので書きたくなりました。
大いなる偶然のような気がしますが、そんな場面に会えた事を感謝したりしてしまいます。

しかし今日はいい天気でした。
朝から銀座へ出かけてみました。何も目的がないのもなんなので
森山大道さんの個展「光と影」を見に行って見ることにしました。
11時過ぎにはついてしまったのですが、なにやら空調の業者さんらしき人が中にいて
入ろうとした時に声をかけられました。
”ここの人いないみたいだから、仕事が終わったら閉めますよ”
とのこと。
でも、こっちもそんな近所から来ているわけではないし、せっかくきたのだし是非見てみたかったので、
”掃除の最中でいいんで、5分だけ入れてもらっていいですか”
と、無理強いをさせていただき、渋々入れていただきました。
森山さんの写真は雑誌なので拝見した事はありました。
言わずもがな、森山さんの作品はそのノイジーな部分がエネルギーを伝える感じがします。
そして、力強い写真の撮りかたとでもいいましょうか。。。
とにかく撮りかたというか視点が本当に天才的です。
あの大きさで展示してあるとものすごいエネルギーを発しているような感覚を憶えました。
5分でその作品を目に焼き付け、会場をあとにしました。
その後、有楽町、銀座を歩き回り、昼ごはんを食べながら、どうしてももう一度
森山さんの写真が見たくなり、もう一度足を運びました。
掃除の方たちがいらっしゃらないと、もう閉まっているかもしれないなぁとおもいつつも、
淡い期待を持って行ってみると、今回はギャラリーの方もいらっしゃいまして、
ゆっくりと見ることができました。

その後、写真を撮っていたせいか、視神経が疲れてしまったらしく
なんとなく気持ち悪くなってしまったので、グリーン車で地元まで。
そのおかげで体力も回復したせいか、なぜか海の写真を撮りに行きたくなりました。
海まで行ったのはよかったのですが、風が強く、カメラには優しくない環境であったので
あえなく撤退。その後駅の近くの映画館でクリントイーストウッド主演・監督の
”グラン・トリノ”を見て、感動をし、家路への途中、なんだか切なくなり、
俺は一日何をやっているんだろうとか思いながら今に至っております。。。。

贅沢な休みを過ごしてしまいました。明日に備えて早く寝よう。。。。

|

« アシ | Main | 嵐の中で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/44803442

Listed below are links to weblogs that reference 偶然と必然:

« アシ | Main | 嵐の中で »