« 一乗谷朝倉氏遺跡 | Main | camera »

June 08, 2009

一乗谷朝倉氏遺跡

Rimg12865


GRDigitalⅡ

歴史的な場所っていうのは結構身近にもあるものですが、
いろいろと紐解いてみると興味深い内容だったりします。

ちなみに”一乗谷朝倉氏遺跡”っていうのはこんなところだそうです。

以下wikipediaより

軍記物である『朝倉始末記』には1471年(文明3年)に戦国初代朝倉敏景(孝景・教景)が黒丸館(福井市黒丸町)から本拠を移したと記されている。しかし、「朝倉家伝記」や「朝倉家記」などの新資料によると、朝倉氏は南北朝時代には、一乗谷を本拠にしていたようである。文明年間には重臣が一乗谷に集住するようになり、また、足利将軍家の分家である鞍谷公方などもいたことから応仁の乱により荒廃した京から、多くの公家や高僧、文人、学者たちが避難してきたため一乗谷は飛躍的に発展し、華やかな京文化が開花した。このため北ノ京とも呼ばれた。戦国4代朝倉孝景の頃から全盛期を迎え、最盛期には人口1万人を超え、越前の中心地として栄えていた。

だそうです。
集落が川沿いに建ち並んでいる山間の地域なのですが
その昔は”北の京”なんて呼ばれる華やかな土地であったとは、
何も知らずに通ったら気がつく事はないでしょう。


|

« 一乗谷朝倉氏遺跡 | Main | camera »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/45277840

Listed below are links to weblogs that reference 一乗谷朝倉氏遺跡:

« 一乗谷朝倉氏遺跡 | Main | camera »