« NY旅行記⑬ | Main | NY旅行記⑮ »

September 29, 2009

NY旅行記⑭

Img_5420


EOS5DMarkⅡ

そしてメトロポリタン美術館です。
得てして美術館といわれる場所は建物それ自体が非常に魅力的なことが多いですね。
ここもまさにそのとおりで、かなり大きな建物ですが非常に面白いです。
かつ、採光の仕方が非常に工夫されていて特に彫刻なんかは
より魅力的に見えてきます。


Img_5407


Img_5410


Img_5419


いよいよレンブラントの絵とご対面。
あまり写真だと伝わりませんが、もしみる機会がある方は是非
絵の中の影の部分の描写と光の部分の描写の繊細さに注目してもらいたいです。
何百年も前にこんなに絵をうまく書ける人がいたなんて
本当に人間の才能というのは末恐ろしいものです。。。
鳥肌が立ってくるくらいです。


Img_5424

レンブラントのコレクションがかなりあり
本当に満足でした。
多分そこにだけでも1時間くらいいた気がします。
こんな絵が描けたら人生どんなに楽しかっただろうかと。
ただ、晩年のレンブラントはあまり恵まれていなかったようですが
それにしても、この才能は羨ましい限りです。

そのほかにもいろいろな展示がありました。
ちなみに国別の展示なんていうのもあり、日本のコーナーには仏像やら
屏風絵みたいなものもありました。

写真についてのコーナーは
自分が言ったときは展示の準備中か何かだったのか
極端に展示物が少なかった気がします。
それは非常に残念でした。


Img_5429

この写真は2階の吹き抜けの箇所から入り口を撮ったもの。
本当にいろんな国のいろんな人種の方がいらっしゃっていて
芸術を楽しむのに人種の垣根はないんだななんて改めて感じたのでした。

メトロポリタンミュージアムの売店で、有名な写真家のロバートフランクの
looking inという名前の写真集が売っていました。非常に買いたかったのですが
ちょっと調べていただくとわかると思うのですがなにせ非常にでかいし分厚いし重い。
ここで買えば記念になると思いましたがその物理的な不自由さはあまりにもその後の
自分の行動の自由を奪ってしまいそうでしたのであきらめました。
で、よくみると折り畳み傘が売っていましたので、これはすぐに使えそうだと思い
買ってみました。骨もふとそうだしその後の街歩きにも役立ちそうでしたので。

結局メトロポリタンには3時間くらいいたことになります。
外に出た頃、時間はすでに夕方の7時近くとなっていたのでした。


|

« NY旅行記⑬ | Main | NY旅行記⑮ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/46325451

Listed below are links to weblogs that reference NY旅行記⑭:

« NY旅行記⑬ | Main | NY旅行記⑮ »