« 無題 | Main | どこにでも »

April 04, 2010

something visible to somebody

Img_9561

EOS5DMarkⅡ

この週末、
土曜日は銀座、恵比寿を巡った後に地元の飲み会
日曜は仕事の関係で早起きをしたので
あっという間に終わってしまいました。

桜の花が満開になったようで、
そこかしこでカメラを持った方たちがいらっしゃいました。
実は自分もカメラを持っていましたが、今年は(も?)
ほとんど桜の花は撮っていないといってもいいかもしれません。

なぜかあまり興味が持てないのです。

確かに綺麗ですから、地元の桜を見ましたし、
いつ見ても素晴らしいなぁなんて思ったりもしたのですが
今年もあまり撮りたいとは思えずに時期を終えるような気がします。

桜を綺麗に撮る方法っていうのはあるのかもしれませんが
それに全く興味を持てないのかなぁ・・・
いや、ただ単に綺麗に撮ることができないからなのかもしれないし。
でも、それにしてもあまり撮っていても面白くないのです。

それ以前の話として
写真って、カメラという道具を持って自分がそこにいたことをどう表現するか。。。
そこにあった景色を自分がどう見ていたかを
伝えることができるものと自分は考えています。

だから、桜くらい綺麗すぎるものを
今更自分なんかが写真に収めてどうだーなんて出したって、
それは到底本物以上の感動を与えるのは難しいんだろうと
容易に想像ができてしまい、
どうも写真を撮りたいと思えない。。。という感じかもしれません。

それに、それ以上に面白い場面は至る所に転がっています。

誰にも気がつかれないけど、
よく見たらなんだかいいなぁって言う写真を撮ることのほうが
かなり感性を鍛えられるんじゃあないかなぁと。

そういうことに気が付ける感性を持ちたいなぁと思う日曜の夜でございました。

|

« 無題 | Main | どこにでも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/47996047

Listed below are links to weblogs that reference something visible to somebody:

« 無題 | Main | どこにでも »