« arrangement | Main | S&C »

September 20, 2010

a stray cat

Rimg9140

GX200
試行中・・・

Rimg9702

さて、日曜日は
TOKYOPHOTO2010を見に行ってまいりました。
このイベントは
様々なギャラリーが”写真を売るため”に写真を展示しています。
ですから、
写真のマーケットでどんな写真の売買がされているのか
を知ることができるわけです。

これはなかなか興味深いものです。

午後一番でつきまして、会場に入るもののなにせ広い。
しかもギャラリーの数も多く、展示している作品もインパクトが強い。
多分しっかりと見ていくといくら時間があっても足りないと思われます。

ロバートフランクやらウィリアムエグルストンやら、マイケルケンナやら
東松照明さんやら、安井仲治さんやら、細江英公さんやら、森山大道さんやら・・・
他にも近年の若手の写真家の皆さんの写真も含め
蒼々たる写真家のプリントが展示されています。

そんなわけで、入場の際にいただいたパンフレットにもこんな注意書きがありました。
Rimg9704
皆さんも気をつけてください。

いずれにしても一見の価値はあると思います。
売買される写真というものがどんな作品で、どんなプリントで、どんな状態で飾られているのか。
なかなか貴重な経験でした。

20日(月)で終わってしまうそうですので気になる方は急いで駆け付けてください。

で、もうひとつの見どころとして、talkshowがあります。
拝見したのは

1.白石正美さん(SCAI THE BATHHOUSE)×宮津大輔さん(「現代アートを買おう!」著者)
2.笠原美智子さん(東京都写真美術館)×デボラ・クロチコさん(サンディエゴ写真美術館)

でした。

1.について
”アートフェアを巡る世界の旅:そしてアートとラグジュアリー”というタイトルが冠されているとおりで
アートフェアとは何ぞやというものについて、宮津さんのまとめられたパワーポイントを拝見しながらの進行で
トークのおもしろさも手伝って、ぐんぐんと引き込まれてしまいました。
現代アートの売買っていうのは、いくらくらいなのかとか、各国のアートフェアの様子を知ることができました。
全く知識のない世界の話でしたので、お話を伺うことができ、とてもラッキーでした。
宮津さんの本もぜひ拝読してみたいと思った次第です。

2.について
写真美術館の昨今の様子や収蔵する写真について等々、
美術館を運営する方からの視点で貴重な話を聞くことができました。

都写美開館後に重点的に写真を集める写真家十数人が設定されたこと、
そしてその後さらに数十名の写真家を収集対象としていったこと等々、
美術館運営の方針や昨今の景気の動向からなる
予算措置の厳しさなども織り交ぜて興味深い話が伺えました。

で、何より興味深かったのが

”現代アートと写真”についてのお話でした。

お二方とも、というよりも、キュレターおよび写真美術館としても
現代アートの手段として写真は使われているが、
現代アートと現代写真を区別するような考えはない。
むしろ現代アートと写真を区別するのはバカバカしい。というお話。

なんといいましょう、上手く言えませんが、
合成写真だとか、CGだとか、はたまたドローイングと組み合わせたものであろうが
それらについても、写真を素材にしていれば
同じように作品として美術館で取り扱うのだということだそうです。

で、このあたりの議論をされている時に気がついたのですが、
お二人とも”フォトグラファー(写真家)”とは仰らず、”アーティスト”と仰っていた点。

で、帰路に悶々と考えたのは

写真は”アート”として捉えるのか、あくまで”フォト”なのか。

写真は社会の一部を画像として切りとります。
切りとる画像は”フォトグラファー”に委ねられるわけですから、
たとえば綺麗な女性を撮ろうが、風景を撮ろうが、どんなにつまらない場面でも
唯一無二のものとして画像が切りとられます。
はて、さて、これは”アート”なのか。

一方、”アーティスト”は切りとった画像を用いて
さらに目標に向かって作品を作り上げていきます。
写真を張り付けたり、合成したり、”アーティスト”の持つ
イメージに向かって創作していくわけです。

合成するのは写真じゃない・・・とかそういうことを言ってしまうと、
”アーティスト”として写真を撮るならば、間違いなく時代に取り残されてしまいます。

でも、もし、この先、”フォトグラファー”が”アーティスト”としての
側面を持たないといけないとするならば、
そのハードルはかなり厳しいものになるんだろうなぁ・・・と、想いを馳せたのでした。

|

« arrangement | Main | S&C »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/49486196

Listed below are links to weblogs that reference a stray cat:

« arrangement | Main | S&C »