« splash | Main | unconscious »

December 25, 2010

lost one's way

Rimg14293


GRDigitalⅢ

AYPCでお世話になっている
横木安良夫先生の記事がアップされています。

興味のある方は是非↓
デジカメWatch Photographers file #1 横木安良夫

今年、自分が参加できなかったAYPCの日光の合宿風景なんかも出ています☆
皆さんカッコいいですぜ☆

土曜日は若手大物写真家の写真展巡りをしてみます☆
こちら と こちら。 

大和田さんのは本当は先週行きたかったんだけど日曜休館だったんでやむなし。
RICOHの受賞のお礼もしなければ・・・。
石川さんのは今週からなんで楽しみ。。。
ただ、トークショーに申し込むのを失念していた・・・。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
以下、個人的備忘録☆おもしろくありません。

先日の祝日に久しぶりに親友と話した中で気づいたこと。
ブレーンストーミング的に思いついたこと。
暫く経つとまた考えが変わるかもしれない。

とあるコンテストに素人のくせに無謀にも挑戦するために考えている。。。
いままでの写真のトーンを完全に壊してしまうくらいのつもり。

≪対象と構成、写真≫
キレイな写真/ディテールを捉える写真/デザインを指向するような(上手い言葉がない)写真

を突き詰めていくと、それらの写真が行きつくのは

キレイな”だけ”の写真/ディテールを捉えた”だけ”の写真/デザインを指向した”だけ”の写真

にたどり着くのでは。

そういう写真は被写体そのものがすごいわけだから、
その写真に感じられてもいい、撮り手の凄さ・個性というのは目立たなくなってしまう。

むしろ、撮り手の存在が消えることで、そういう写真は純化されるのか。

写真の芸術の中での定義。
写真はartなのか。
完全な複写はartか。
artの定義。。。

3次元の2次元化。
偶然の写りこみ。
人間の意志の介在(conscioius/unconscious)。
見せる人、見た人の解釈の齟齬。

自分が目指しているのはもっと生々しいというか、
表現できないけど、いろいろ世の中複雑であるということが伝わる写真。

人間それぞれの人生が特別な生き方で唯一無二であること。
自信を持ってよいわけで。

自分の生活の中でしか撮れない。
その中に価値あるものを探す面白さ。
HI(hi:イニシャル)のliving(進行している生き方・生活)の上でしか撮っていくことはできない。
それ以上でも、それ以下でもない。

写真を撮るとき、”引き算”を意識して構成するようにしてきた。
それがたどり着くのは、結局、キレイ・ディテール・デザインの写真の部類。

すべてそういう写真で構成されたポートフォリオを想像すると、
カッコいいかもしれないけど頭には残らない。

そういう写真が、”塊”としてエネルギーを発するようにするには
明確なコンセプトと斬新なアプローチである必要がある。
それはかなり困難。

ポートフォリオの構成力をつけないといけない。

写真単体としては足し算をしないといけないかもしれない。。。
最近それなりにしているつもりではあるけど。。。まだバランスが悪い。

≪色≫
モノクロのおかげで、階調に対する意識は日々持てていると思うけど、
それをカラーに移行して表現できないといけない。

色のトーンが決まらない。
流行がある。流行に乗るようなことではしょうがない。
プロ・アマとかそういうのでなくて。
日本がどうとかでなくて、世界でどうなのか。
アイデンティティ。
多少暴れてもいいのかも。
どこまではずすか。
許容範囲のトライアル。
見ていて飽きる色、飽きない色は?

≪レベル≫
アンダー。
ただ、あまりアンダーすぎるのも良くないから、その辺のトライアル。

≪テーマ≫
先に決めて撮るほど器用でない。
日々のストックをみて、構成する。
日々のストック全体から傾向をつかむ。もしくは、ストックの中でストーリーを作る。。。。
ストーリー:社会的な意味・土地・物・人・・・・・。
軸となる写真。。。
過去の傾向。。。
視点はあくまで外に。小さくまとまらない。
グループとか、日本とかでなく。
世界の中の一表現者として。
アイデンティティ。
それについて言語で定義できるか。
定義する作業。


≪その他≫
思考にとらわれない。ときどき思い出すくらい。
撮影のスタイルは変えない。というか変えられない。

|

« splash | Main | unconscious »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference lost one's way:

« splash | Main | unconscious »