« crack | Main | いらないもの:(読み物)写真展巡り その2 »

January 10, 2011

光 :(読み物)写真展巡り その1

Rimg14735

GRDigitalⅢ

”似てるよね、孤独と五徳”
このCMのシリーズが好きです。

写真展見てきました☆

①中藤毅彦写真展 " Night Crawler 1995 / 2010 "

中藤さんはストリートスナップの名手です。
もし、何かの間違いで(笑)自分のこのブログの
モノクロ写真に興味を持っている方は
より良質な中藤さんの作品を写真展で見ておくと目が肥えます。

中藤さんは今年の日本カメラフォトコンテストモノクロ部門の選者でいらっしゃいます。
日本カメラの1月号の講評で、中藤さんが次のようにコメントしてます。

”結果的に自分より若い入賞者はわずか1名という内訳になってしまいました。”

そう、その1名、”ワタクシ”のことでございます☆

で、ワタクシ、
すでに今年2回選んでいただいていますし、ご挨拶できればいいなぁと伺ってみました。

展示は1995に撮った写真のバライタのゼラチンシルバープリントと
2010に撮った写真のインクジェットプリントで構成されています。
自分はもちろんインクジェット派ですが、
(すみません、デジタルしかやりませんので・・・)
ただ、やはり二つ並ぶと
ゼラチンシルバープリントってものすごくきれいです。
あれをインクジェットで再現できないでしょうか・・・。

会場には中藤さんもいらっしゃり、作品の解説をしていただいたりしました。
ありがたやありがたや。で、見計らってワタクシ切り出しました。

”あのぉ、ワタクシ、実は日本カメラのコンテストで入賞させていただいたんですけど、中藤さんより若い受賞者なんです・・・。”

とお話ししたところ

”あぁ~○○(自分の本名)さんね!わかりますわかります!!いやぁうれしいなぁ。ありがとうございます!”

とのお返事。

なんとなんとなんと!
中藤さん自分のこと知っていられましたよ☆
しかもまさか自分の”名前”が中藤さんの口から返ってくるとは思いもよらず☆
いやいや、ありがたやありがたや・・・。

実は驚いたのはこれだけではありません。

”○○(自分の本名)さん、去年のCP+のTAMRONの関連のコンペにポートフォリオ出してくれていましたよね。
あれ本当に最後の最後まで残って、あと少しだったんですよ!
だから本当によく覚えています。
それで、その人が、日本カメラのコンテストに出してきたんだ~と思ってたんですよ!”

とのこと。

うひゃあ・・・。
これは参りました。。。
TAMRONのコンペからご記憶していただいていたとは。。。
実はそのコンペ、ワークショップの参加者を決めるためのもので、参加可能人数は”数名”。

申し込み人数はさほど多くは無かったようなのですが、
ただ申し込んだ人が、
すでにギャラリーで個展を数回やっている方や
写真コンテストの受賞者などのかなりのハイレベルなコンペだったのです。

これ、ワタクシ落ちました。。。
ブログには書いていませんでした☆
そう、だって悔しかったんです。(笑)
それ以降、TAMRONのレンズ使っていません(笑)

コンテストに送ったポートフォリオは
このブログにもアルバムをリンクしてありますがNYのポートフォリオです。

多分、去年の今頃の時点で、
まとまった形のポートフォリオはそれしかなかったってのもあります。
それに、その時点で自分的には納得がいっていましたし自信もありました。
しかし!見事落選☆

やっぱり世の中そんな甘くは無いんだなぁ・・・なんて瞬間的に腐ったりしてみました。

が、中藤さんのお話を聞くと、
最後の最後までいい線で残っていたとのことで、
あぁ、それなりにきちんと見ていただいたうえに評価までしていただいていたんだ。
更には覚えていていただいてるとは・・・と感慨もひとしおでした。

驚きはまだ続きます。

で、自分が月例で送っている作品もバッチリ覚えていていただいていて、

”あの1月の写真はなんだかわからなくてよかったね~”

なんて、言っていただけたわけで。
自分の作品なんて1000通以上の作品の
たった1枚にすぎないのに覚えていていただけるのは
本当にうれしい限り。


更に圧巻なのは、

”○○(自分の本名)さん、2月と3月で、写真の●●が××になったね。
多分もう少し△△にしてみるともっといいと思うんだよね。”

とのこと。

すごいです・・・・。
このコメントもらった時、自分、3秒くらい口が開いたまま、息が止まりました。(笑)

まさに、
2月から3月の応募作品で、迷いに迷いながらも
個人的に写真のプリントに一味加えたところがあったのですが、
そのわずか一カ月に自分が実験的に試したことの違いまで
気が付いていられたとは・・・・。
しかも、それを覚えていてくださっているとは・・・。

さらには

”○○(自分の本名)さんの写真はインパクトがあってとてもいいですよ。
好きですね。だからこれからもどんどん送ってくださいよ!”

とのこと。

いやいやいや・・・・。
プロの写真家の方に、会ったこともない一アマチュアの自分の写真を褒めていただいたり、
その諸々の変化も含めて覚えていていただいたり
更にはアドバイスまでいただけるとは・・・。

コンテストの応募って
地味な作業だけど、本当に見えないところで
いろいろと成果が出てきているのかもしれないと
非常におこがましいけど感じたのでした。

結局、かなりの時間いろいろとお話しさせていただきました。
いろいろとここでは書けないような裏話的な話も伺えました。

今年のコンテストは
さらに気合を入れていこうと思えてきました。
そうすることで、来年の自分の写真に取り組む姿が
変わっている可能性があるかもしれない・・・。
なんて、勝手に思えてきました。

あ、あと、
3月号の結果も内々に聞いてしまいましたよ。
ですが、一応秘密にしておきます・・・フフフ☆

写真についてはまだまだ昨年からの流れが続いているようです。
なんだかものすごくうれしい一日でした☆

いろいろあるけど、
よりストイックに写真に取り組んでいったら
もっといろいろ世界が広がりそうな気がしてきました。


しかしまぁ。。。写真についてのこの自分の状況・・・。
こうなってしまったら、やるしかないね。これは☆
昨日買ったニーチェの本にも書いてあったし(笑)


で、もう二つ写真展に行きましたがそれはまた明日☆
シアワセの余韻に浸りたいので☆

写真を趣味にしていて本当によかった☆

(明日の予告)
②マグナム・フォト東京支社創設20周年記念写真展「50の情熱」
③中平卓馬写真展 「Documentary」

|

« crack | Main | いらないもの:(読み物)写真展巡り その2 »

Comments

nachさま

コメントありがとうございます☆
お返事が遅れてスミマセン!

他の人の写真を見るっていうのは、とてもよいことだと思います。
ご都合がつけば、遠方まで足を延ばされてもいいし、
地元で開催されている写真展をのぞいてみるっていうのも
それはそれで発見があったりすると思います☆

twitterですが、自分もあまり使っていないので
お気になさらないでください^^;

GRDigitalは何でも撮れるいいカメラだと思います。
むしろ最近は、自分としてはそれで用が足りてしまっています。(笑)
丈夫だし軽いし、言うことありません☆
(RICOHのまわし者ではないですけどね・・・)

CANONユーザーが増えるのも何となくうれしいです☆
(CANONのまわし者でもありませんが・・・)

ま、なんにしても今後ともご贔屓に!
そうそう、エジプトの写真楽しみにしています!


Posted by: hiliving | January 11, 2011 at 09:52 PM

あけましておめでとうございます~
お久しぶりです、nachです
もう去年からおめでとうを言い切れないくらいの受賞の数々、すごいですよね
実はココのブログを勝手に参考にさせていただいて紹介されている写真展とか行こうとしてるんですが、遠方の為なかなか予定が合わず。。
今回は何とか行きたいんですけどね…

ツイッターですが、やっぱり自分にはあまり合わないみたいで放置気味でごめんなさい
せっかくフォローしていただきましたが、ご迷惑でしたら消していただいてもかまいません
何かきっかけがあればどんどん使い出す可能性もあるんですがsweat01

自分はまだ方向性を探すべくGRDでとりあえず数だけは撮っています
いつかはキャノンの一眼の中級以上の機種を買うことを夢見て…(笑)

Posted by: nach | January 10, 2011 at 08:06 PM

未哉さま

コメントありがとうございます☆
あのCM、セリフがすごくハッとするんだけど
とてもくだらなくて好きです。

中藤さん、とてもいい方でいろいろ教えていただきましたよ。
いらっしゃったら是非解説をしていただいてみてください☆
師匠のHPの日記にも、中藤さんの写真展伺った記事が出ていましたね。
http://www2.diary.ne.jp/user/178978/
是非実際にご覧になってきてください☆

追記
そろそろご子息のD90を横取りして
NIKONユーザーになられてしまったでしょうか?
CANONユーザーが少なくなりつつあり残念です・・・

Posted by: hiliving | January 10, 2011 at 04:45 PM

私も好きです、そのCMのシリーズw
「続きはウェブで・・」みたいに
昨日の写真展まわりの続きは今日のアップなのかしら。

中藤氏とお会いできて、お話までできてよかったですね。
私も師匠からDMをもらっていて観に行く予定でいます。
hilivingさんのこのブログを拝見して
ますます楽しみになりました!

Posted by: 未哉 | January 10, 2011 at 10:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/50524777

Listed below are links to weblogs that reference 光 :(読み物)写真展巡り その1:

« crack | Main | いらないもの:(読み物)写真展巡り その2 »