« 本 | Main | tank »

January 24, 2011

Rimg12919_edited1
GRDigital

御苗場の”写真”ほぼ決まりました。・・・というか決めました☆


あまり雑な言い方はしたくないけど、
すごい人はやはりすごいことを久しぶりに思いしらされました。

日曜日は、
2010リコーフォトコンテスト最優秀賞のパインさんとhirocontaxさんたちとの撮影会。
いやぁ…メチャメチャ衝撃…。

自分もかなり写真に肩までつかってると思ってたけど、
自分と同じかそれ以上にアマチュアで意識を持っている人に会うことってあまりなかったんですが、
パインさんの意識の高さに感動すら覚えました…

ものすごいレベルの高い会でした…

まさか、スーザンゾンダグの写真論を真面目に読んでる人が、
自分以外にまわりにいるとは思ってもいませんでした…

しかも、その場にいる全員が、
現代写真論とホンマタカシさんの本を熟読しているなんて、
かなり強烈なメンバーでの撮影会。

写真についての知識や
表現としての写真について考えていること等々、
普段自分が考えていることと
同じような考えを持って写真に取り組んでいる人間が
世の中にはいるんだと勝手にものすごく感動してしまいました。
(しかもアマチュアなのにというところがまた驚き。。。)

いろいろ話してわかったんですが、
このブログで自分がつらつらと
写真について書いていることについてパインさんに共感してもらえたようで、
これは一度コイツと話さなければならん!!!
と思っていただけたようです。

いやいや、ほぼレスポンスがないと言ってよいこのブログですが、
年に数回だけど、とてもすばらしい出会いがもたらされたりします。
世界はある意味広いようで、ものすごく狭い…。


なんにしても、
パインさんの写真哲学(?)とでも言いましょうか
それを聞いて、彼がリコーで最優秀賞をとったのも、
ある意味当然だと納得できました。


でも、彼は真剣に写真を始めて2年目だそうです。
それもまた驚き。

以降は自分の反省。

やっぱり内々を気にしているようでは、
結局そこで満足してしまうわけで、
むしろ世界が、自分が、どうあるかを意識して、
外に発信していかないといけないことを再確認しました。

まだまだ、自分は本当にアマイし、
やること、そしてできることがたくさんあると
気が付かされました。

ぐだぐた自分の写真に悩んだりして、
つまらない日常の日々をプラプラして費やすのなら、
今の自分で、世界に(リアル世界ね。)立ち向かう方が
どれだけ意味があるか。。。

ものすごく考えさせられました。

なんだか大きい話になってしまいました。
それをしたところで、何が変わるかはわからないけど、
戦う相手や場所は世界中にいくらでもいるわけで。
(表現が物騒・・・)

とにかく、想像以上に触発された素晴らしい1日でした。

で、主宰者として勝手に決めさせてもらったんですが、
今度の日曜日に各々が築地で撮った写真をブログにアップすることにしました。

ええ、もちろん、ガチで各々アップします☆

パインさん  
hirocontaxさん 

二人ともよろしく〜!

*****************************

う〜ん。。。

興奮冷めやらぬためか、(飲みすぎ???)
月曜の朝なのに、ものすごいヘンな時間に起きてしまった・・・。
この記事、日付が変わるころに書いていたオリジナルは、
電車の中で、かなり酔っぱらって書いてたから、
早朝に一部加筆修正。。。
ご容赦のほど。

それにしても、
今になって落ち着いて考えると築地に行ったのに、
魚とか寿司とかまったく食べなかったような気がする・・・。
飲んだのは銀座だから、ま、いいのか・・・。

|

« 本 | Main | tank »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/50651600

Listed below are links to weblogs that reference :

« 本 | Main | tank »