« 帰り道 | Main | 銀賞(日)・次点(ア)で出ています。そして5月号銅賞(日)☆ »

February 19, 2011

石川町

Rimg15405_edited1

GRDigitalⅢ

ぬ、多重露光みたい。。。吉増剛造さんチックか??(おこがましいか・・・)

ここ数年でこんなに眠いことってないくらい眠い・・・埼玉への出張で木曜は終わるはずだったのに・・・

”職場へ戻れ!そして、一晩ガンバロウ!”

の御達し。ついてない時はいろいろついてないもんです。
でも、まあ、仕事は収まりましたので心置きなく週末に。でも、昼夜逆転してしまいそう。。。

で、金曜日。

帰ったら、頼んでた森山大道さんの写真集『Northern 3 -光と影のハイマート-』が届いていて、サッと目を通す。

と、言うのも、自分、森山さんの大ファンゆえ、見入ってしまうと、ものすごい時間見入ってしまいます。
で、一人で背筋をゾクゾクさせています。(笑)

森山さんて、”ハイコントラストの荒れた写真”ってのが代名詞的なとこがあります。

でも、それよりもっと注目してもらいたいと思うのは、森山さんの被写体の捉え方です。
ものすごい強烈な個性があります。あんな撮り方する人ほとんどいないと思います。

”ハイコントラストの荒れた写真”っていうのは、あくまでもプリントの方法で、
最近はいろんなデジカメにそういうモードがあるから、アウトプットとして似た”雰囲気”は誰でも作れます。

実際、そこだけに目がいってしまって、一般的に話が終わってしまうんですが、
もう一歩踏み込んで、その画作りに騙されないように、写真の本質的な部分をみようとすると、
本当に恐ろしいくらい森山さんは個性的な写真家さんです。70を超えているとは全く思えない。

森山さんが不定期で出版している”記録”というシリーズがあるのですが、
最近はGRDigitalやGX200で撮ったカラー写真で作られているものもあったりします。
それを見ていると、モノクロでなくても、ハイコントラストでなくても、荒れてなくても、
森山さんは森山さんだとつくづく感じます。

本来写真で大切な、”何をどう撮るか”っていう点がスゴいわけです。
写真家さん見渡しても、なかなかいないんじゃないかなと。

だから、あまりじっくり見てると、考え方とか写真の撮り方が乗り移られちゃうんじゃないかって思うから、
森山さんの写真集はかなり持ってるけどサッと目を通す感じです。

森山さんの写真集は、自分が写真やめたらじっくり見ようと思います(笑)

|

« 帰り道 | Main | 銀賞(日)・次点(ア)で出ています。そして5月号銅賞(日)☆ »

Comments

パインさま

どうもです☆

そこの部分に気がついてからというもの、森山さんの写真集を見るときには

この人の頭の中は一体何を考えていて、何を見ようとしてるのかっていうのが気になって

写真を俯瞰して見てみたり、主題を探してみたり、構成をみてみたりと、

本当に時間がかかってページが進まなくてクタビレます(笑)

Posted by: hiliving | February 19, 2011 05:30 AM

なんだかそう熱く語っているのをみるとじっくり見てみたくなりますねえ。
僕も森山さん好きですけど、そこまで見たことないですし!

Posted by: パイン | February 19, 2011 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石川町:

« 帰り道 | Main | 銀賞(日)・次点(ア)で出ています。そして5月号銅賞(日)☆ »