« attention to individuality | Main | captured »

February 28, 2011

海の男の宿命(小噺)

Rimg15560_1_edited1
GRDigitalⅢ

写真と全く関係のない、ものすごいタイトルになってしまってスミマセン。今日は小噺がメイン☆

春めいてまいりました☆東京マラソンでしたね。3年前は5キロなら25分で走れてたし・・・久々に復活しようかな。

自分、ホントは運動が好き。

でも、事情があって控えてます。
数年前に3on3で接触して右ひざの前十字靱帯を切ってしまって、それ以来、激しい運動の後、”文字通り”膝が抜けるんです。(笑)
前十字靱帯の代わりに、周りの筋肉でひざの関節をフォローしてる状態なんだけど、膝周りの筋肉が疲れると関節が抜けます。(笑)
だから、1年計画で鍛えて、来年の地元の10キロのヤツに出てみようかなぁ・・・と思ったり。


さて、今日は小噺です。

【※この小噺の前に頭に入れておいてほしい4点】

〇hilivingさんは、海や港に写真を撮りによく行きます。
〇hilivingさんは、この頃、写真を撮る時コンパクトなGRDigitalⅢを使います。
〇hilivingさんは、昨年入院(※ただの盲腸)しました。
〇hilivingさんは、仕事が忙しいと帰りが結構遅い時があります。


いろいろな偶然が重なると、こんなものすごい勘違いが起きてしまうことをちょっと前に知りました。。。


先日のとある懇親会、ホスト役だったんで会を盛り上げるべく、皆さんと談笑。
その時に、お付き合いのある他の組織の課長さんから、

"あのさ~。hilivingさんが、港で一人でぼんやりしているのを、うちの若い奴が見たって言ってて、みんなですごく心配してたんですよ。
いつも帰りが遅くて忙しそうですし。何か悩みがあるんじゃないかって。最近少しやせられたみたいだし、入院されたって聞いたし。
精神的に参ってるとか、悪い病気じゃないかって。みんなで言ってたんです。でも、なんだか、ものすごい元気そうで安心しましたよ。ワハハ~☆"

う~ん。。。
いつ誰に見られているか本当に分かりません(笑)
荒涼とした冬の港にいたわけですからね。
友達もいたかもしれませんが、写真撮るときって、ペースが違うからはぐれちゃうんです。。。
(ほかの友達にも迷惑かけてるかもですね、この点は。)
それにしても、写真撮ってるのわかるように、カメラ首から下げてた方が良かったかも。。。5DMarkⅡとかに大きめのレンズで。極力デカイやつ。
きっと、じっとしたり、しゃがんだり、下向いたり、急にすたすた歩き出したり・・・相当、挙動不審だったんだろうと思います。
カメラも小さいし、遠くから見たら、手ぶらで、難しい顔していて、結構声もかけづらかったのかもしれません。。。
でも、そういうときは、声掛けてほしい(涙)
ええ、自分、元気です。とても☆

その他にも、カメラは絡みませんが、別の課長さんから

”hilivingさん、入院されたって聞いたから、なんか大変な病気じゃないかって。課で話してたんです。
確か退院してすぐのあの会議の時、何もしゃべらなかったじゃないですか。
顔色も悪くて。。。ホントは悪い病気なんじゃないかって。でも、今日会ったら、いつもと同じじゃないの。安心したよ~ガハハ!”

”hilivingさんは悪い病気じゃないか説”が仕事でお付き合いのある皆さんに流れていたようです・・・。

でもですねぇ、多分、入院とかすると、一般的にみんな多少は体力落ちると思うんです・・・。
会議も、事前調整とか、混ざってなかったから静かにしていただけで、喋ってもよかったんだけど、一応控えていたわけでして・・・。(いつも喋るから相当ギャップがあったのかもしれません(笑))

それと、課で話していただけるのはうれしいんですけど、
なんか、貴重な時間を自分の盲腸の話題で使っていただかなくても・・・。
しかも、深読みして悪い病気じゃないかってご配慮までしていただくなんて。。。
ウレシイやらカナシイやら・・・ガハハ☆

あと、そのころにもらった仕事の相手先の担当の方からのメール。確か、こんな感じのメールでした。

”(仕事の用件)なので、どうぞよろしくお願いします。

追記:ところでhilivingさん、最近体調を崩されたとか。なんにしても身体が第一です。
仕事はご自分のペースで取り組んでください。今の職場は激務だと思いますが、あと一息で山は越えられるんだと思います。
決して無理はなさらないようにしてくださいね。みんな応援しています!”

そうそう!みんなに応援されて、hilivingはがんばっているのです!(笑)。

しかしそれにしても・・・誤解や思い込みほど、キケンなことはないですね。。。

改めて声を大にして言いたいのですが、ワタクシは以前と変わりなく・・・いや、むしろそれ以上に元気なのです☆

さあ、みなさん☆いろいろある人もない人も☆今週もケセラセラでいきましょう!!!

|

« attention to individuality | Main | captured »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海の男の宿命(小噺):

« attention to individuality | Main | captured »