« CP+:御苗場に出展します!(No38) | Main | 待:CP+:「御苗場」に出展します!(No38) »

February 05, 2011

回想:CP+:「御苗場」に出展します!(No38)

Rimg7897_edited1
GRDigitalⅢ

☆タイトルとかキャプションとか☆

昨日、タイトルについてのコメントをいただいたもんで、ちょっと考察。

少ない枚数の限られたエリアでの展示になるから、
やっぱりつけないといけないかなぁ~と思い、
ここ1カ月以上、写真を選ぶのと一緒にモヤモヤ考えていました。

結果、かなり強い意味を持っている言葉にしました。
ただ、”意味”は強いけど、”音”はそうでもないかもしれない。

キャプションについても同じ。
あまり長くしたくなくて。その辺、以前にも書いたことがあると思います。

いずれにしても、あまり明確に分かる言葉で
写真を見る人を誘導したくない・・・って部分があります。


で、本当にたまたま昨日読んでいた本(エッセイ?)にこんな行(クダリ)がありました。
【出展:村上春樹雑文集より】

”時々年若い読者から、長い手紙をもらう。彼らの多くは真剣に僕に向かって質問する。
「どうしてあなたに、私の考えていることがそんなにありありと理解できるのですか?
こんなに年齢も離れているし、これまで生きてきた体験もぜんぜん違うはずなのに。」と”

で、答え。

”僕は答える。
「それは、僕があなたの考えていることを正確に理解しているからではありません。
僕はあなたのことを知りませんし、ですから当然ながら、あなたが何を考えているかだってわかりません。
もし自分の気持ちを理解してもらえたと感じたとしたら、
それはあなたが僕の物語を自分の中に有効に取り入れることができたからです。」と。”

これはなかなか面白くて、写真を見せるときに通じてくる部分がありそうだと感じました。

特に答えの最後の部分が気に入ってます。

”それはあなたが僕の”写真”を自分の中に有効に取り入れることができたからです。”

って、誰かに言えたらカッコいい。

明確な定義をされている言葉でタイトルをつけたり長いキャプションで誘導してしまうのは、
結果、その写真が持っている意味の振れ幅を撮影者の意図する限られた範囲に狭めてしまいそうな
気がするんです。。。っていうのが自分の持論。

多分、自分、文書がうまくないからそういう風に感じるだけかもしれませんけども(笑)

|

« CP+:御苗場に出展します!(No38) | Main | 待:CP+:「御苗場」に出展します!(No38) »

Comments

buuさま

見返すと、こちらの答えがとても散漫でなんだか申し訳ないです。。。

暗室作ってしまったんですね。さすが!!!
次の目標、なんなんでしょうか?
とにかく、楽しみにしています☆

Posted by: hiliving | February 05, 2011 at 11:46 PM

なんだか ワクワクするようなコメントありがとうございます。

私が投げかけたもの・hilivingさんの投げかけたもの
それが、自分のなかでカフェオレのように溶け混ざっていきます。

次の峰を設定したので、そこに登るための環境を1ヶ月かけて構築したところです。
ブツブツ言いながら、酸っぱい部屋に閉じこもるんだぜぇ! 
こっちもモノクロで追い込むから見てくださいね。

Posted by: buu | February 05, 2011 at 10:38 AM

buuさま

ふむふむ。なるほどです☆テーマ・キャプションにしても明確な誘導はまず第一にみんな使っていますからね。

かくいう自分のテーマも、大巨匠(アラーキー:エロスとタナトス)が扱っているテーマでもあるわけで。
ただ、自分は言葉の意味の汲み方は個人個人でその解釈が違うから、仮に同じものであっても、いいのかな・・・と思っています。

最近思っているのがまさに”文章”っていうのが、個人的にはなかなかどうして難しいと思っていて・・・

一般的な”文章”についての話、可視化ではないですけど・・・。
たとえば、ネット。このブログでもそうですけど、思うことと本来の自分が伝えられていない気がしてもどかしい。。。
(そもそも、写真ブログですけどね・・・)
buuさんなんかはリアルに自分のこと知ってるから、”あいつなら何言っても平気だ~☆”って思っていただけてると思っています。(その方がうれしい☆)
AYPCのメンバーがそのやりとりを見たとしても”お~!場外戦やってるね~いいね~☆”くらいなんでしょうし。

全然知らない人がそのやりとりを見ていたら、”おお、こいつらは四六時中写真とかのことしか考えてないみたいだぞ・・・”
って思われてるかもしれないですね。(あながちハズレテないかも(笑))

次回からもっととっつきやすいブッ飛んだ文書を使って写真の話を書いてみましょうか・・・(笑)

いや・・・本当はとてもイイカゲンな人間なんで、真面目に長く文書書くの苦手なんです・・・
決して真面目ぶろうとかこれっぽっちも思ってなくて。
ただただ、広く一般の方に誤解の無いよう、伝えるためにはどうしたらいいか・・・そうするとなんだか真面目でつまらない書き方になっています。これも一つ悩み。(笑)


かなり脱線してしまいましたが、ま、何にしても言葉でもって何かを補完させたり、意味を伝えようとするのは難しいなぁと感じている今日この頃です・・・
長くてスミマセン☆

Posted by: hiliving | February 05, 2011 at 08:42 AM

まずは、おめでとうございます。

私の拙い考えですが、テーマにしろキャプションにしろ明確な誘導は、すでに手垢が付いている可能性があるのでNGでしょう。しかし、淡いセーフライトのような、そこに表現者としての自分の立ち位置を指し示すものが必要で、それが文章として可視化できなければ写真の表現力自体の追い込みが足りないのではと思います。

って、江古田WSで痛感しました。

Posted by: buu | February 05, 2011 at 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/50771112

Listed below are links to weblogs that reference 回想:CP+:「御苗場」に出展します!(No38):

« CP+:御苗場に出展します!(No38) | Main | 待:CP+:「御苗場」に出展します!(No38) »