« a projection of myself | Main | born this way »

March 19, 2011

1週間:日本カメラ6月号銀賞:そしてこれから

Rimg14699
『POPART』
GRDigitalⅢ

この1週間はものすごい緊張感でした。。。
そして、日本カメラ6月号フォトコンテストモノクロ部門銀賞でした☆
で、更にはこれからのワタクシ。

被災地の状況を見ると本当につらいです。
こんな光景を生きている時に見るとは思いもしませんでした。


さて、自分のリアルな仕事を知っている方は
想像していただけると思いますが
この1週間はメチャメチャな緊張感でもって仕事をしました。
幹部含めて殆ど満足に休んでいる人はいない状態。

余震で散乱した書類を片付ける時間はないし、
節電で電気は消しているし、みんな走り回るしで、職場の状況はものすごい状態でした。
被災地から遠いうちの職場ですらそうなんですから、きっと恐ろしく大変な状態なんだと思います。

そう。被災した方々に比べたら、我々なんてまだまだ幸せなんです。。。

だから、できることを本当に全力でやるしかないですよね。

ところで、ワタクシ、かなりの確率で、
東北方面へ長くて一年、短ければ数カ月、支援に行くことになりそうです。

AYPCの皆さんには、
きちんと直接その辺のお話しができればよかったのですが、そういう時間があるかちょっとわかりません。

この連休もすべて仕事の関係があって、土曜日は欠席させていただきます・・・。

自分が世界最高レベルの写真家として仕事をすることはないけど、
世界最大級の地震の被害と真正面から向き合うことになったのは、
ある意味、自分の力を必要とされているわけで。

自分のことを必要としてくれるところには、喜んで飛び込んで行きたいと思っています。
そして、何十万人の人が困っているのを助ける仕事っていうのは、人生の中で貴重な経験になると思います。

助けを必要としているところで、少しでも役に立つことができればいいと思っています。

ものすごくいろいろなことが流動的なんで、
未確定要素もかなり多く、今のところ・・・という状況ですが、
きちんと決まったら、関係者者の皆さんにはアナウンスさせていただきます。

取り急ぎご報告でした。

|

« a projection of myself | Main | born this way »

Comments

パインさま

ありがとうございます☆
そう。他はすべてダメなんですが、人柄だけはいいよねと昔から言わるんです。見抜かれましたか(笑)

で、ここ数日で状況がいろいろわかってきまして、急に出かけることはなくなりました。
(先週の時点では早ければ、来週って言われてました。)

それについてはいろいろ理由があるみたいですが、
話せることはまた記事にでも。

Posted by: hiliving | March 23, 2011 at 08:17 PM

おつかれさまです!
まだお会いして間もないですが、hilivingさんの暖かい人柄があれば、
現地の人たちも勇気付けられるのではないかなと思います。

身体とカメラを大切に東北の地で頑張ってくださいね。
帰ってきたらまた写真談義しましょう。

Posted by: パイン | March 22, 2011 at 08:52 AM

HIROさま

激励ありがとうございます!
また、詳しく決まったらAYPCの皆さんにもご報告しますね!

いろいろと明確でないことが多いですが、
気持ちの準備だけはこの休みでできた感じです。

Posted by: hiliving | March 21, 2011 at 08:29 AM

早く帰れるといいですね、とは言いません。
少しでも長くいて、被災地の方のお役に立ってきてください!

でも、くれぐれもお体には気をつけて。

Posted by: HIRO | March 20, 2011 at 10:15 PM

bertさま

ありがとうございます。

まだ現地の状況等もあってか、
きちんと決まっていない(時期も、期間も)のですが、
先週の木曜に急きょ支援への出張の可否について聞かれたので快諾した。。。という状況です。
きちんと決まったらAYPCの方々にもご報告します!

Posted by: hiliving | March 20, 2011 at 03:58 PM

東北へ支援に行かれるとのこと。
もし、僕たちに出来ることがあれば、連絡してくださいね。
とにかく、あとは健康に気をつけて!
身体を壊しちゃったらどうしようもないですから。

Posted by: bert | March 20, 2011 at 03:12 PM

nachさま

ありがとうございます!

外国からもたくさんの方が支援に来てくれたり、
国内の人間もいろいろな分野の人が支援に駆けつけているのを見ると
いてもたってもいられないですね。

たまたま、自分の仕事はそういう時に役立てるので、決まったらベストを尽くしてこようと思ってます。

でも、身体が第一。ですね!

Posted by: hiliving | March 20, 2011 at 06:28 AM

buuさま

ありがとうございます!
いろいろと決まっていない部分もあるのですが、
決定したら気持ちよく行ってこようと思ってます。

カメラは必ず持っていきます☆

Posted by: hiliving | March 20, 2011 at 06:22 AM

お疲れ様です
友人から聞いた話ですが、知り合いが現地に支援に行って帰ってきて、2日ほど寝っぱなしだった…という話を聞きました
精神的、体力的、共に相当過酷な状況みたいですね

何となく…ですが、hilivingさんは無理してでも頑張ってしまいそうな性格のような気がします
お仕事の内容は分かりませんが、体第一で頑張ってきてくださいm(__)m

…自分も何かできるなら喜んで行くのですが、残念ながら現場で使えそうな専門知識はあまり持ち合わせていないみたいです。。

Posted by: nach | March 19, 2011 at 11:30 PM

人間、機械みたくブッ通して働けるわけないのです。
辛いときあると思いますが、休める時間があれば静養に努めて下さい。

カメラだけは持っていてね。
撮れる状況ではないでしょうが、繋がりのヒトツなのだから

Posted by: buu | March 19, 2011 at 06:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/51154846

Listed below are links to weblogs that reference 1週間:日本カメラ6月号銀賞:そしてこれから:

« a projection of myself | Main | born this way »