« 目黒 | Main | 『奏』 »

March 27, 2011

”SHUTTER magazine”と”アサヒカメラ”と

15img_5487
≪EOS5DMarkⅡ TAMRON SPAF 28-75㎜ f2.8≫
SHUTTER magazine 『旅するGR』 PHOTOGRAPHERS SUMMIT8(P54)

Rimg13564
≪GRDigitalⅢ≫
〇アサヒカメラ5月号フォトコンテストモノクロプリント部門 1次予選通過 『飛沫』

SHUTTER magazine に掲載してもらいました☆

この雑誌は、PHOTOGRAPHERS SUMMIT8に先立って創刊された新しい雑誌です。
(PHOTOGRAPHERS SUMMIT8は、4月4日に開催が予定されていましたが延期されています。)

AYPCの横木安良夫先生と、この前のレタッチ考の記事で自分の写真をレタッチしていただいた、
いはら師匠が大々的に写真を紹介されてます。

自分も、幸運なことに、同じ雑誌に小さめですが1枚写真を掲載していただきました。
というものも、『旅するGR』という、PHOTOGRAPHERS SUMMIT8との連動企画に申し込んでいました。

送っていた写真は2009年にNYに行った時の写真。
この写真をモノクロ変換したものを御苗場に出してます。 ^^;
個人的には、この写真に限ってはカラーの方が断然好きです。

このコンテストに申し込むにあたって、作文をしたんですが
それをかなりカッコよく要約していただいた上で、写真のキャプションとして紹介されています。
が、ちょっとカッコよすぎる。(笑)

”2009のNYでは表面的なモノではなくその土地らしさが染み込んでいる何かを求めた。”

何度もNYに行っているようですが、実はその時が初めて。
更には、ご存じのとおり、自分の写真はどこ撮ってるかわからない写真が多いです。
なんにしても、カッコよく行きましょうかね。ここは☆

そして、らしくないのですが、人を撮っています。
この写真の女性たち、かなり個性的で気に入ってます。が・・・。

この辺の写真、もっとキッチリ撮っておくべきだったと反省してます。

データを見てみると、28-75㎜の75㎜側(派手なおばちゃん)と50mm単焦点(お店の中のアヤシイ子)で撮ってます。

個人的には、人を撮るとか言っても
ズームの望遠側で撮っちゃっているようじゃあ、腰抜のヘナチョコです。

うちの上司の娘さんが、家庭で上司に言っている言葉を借りるなら、”キモス”です(笑)

いや、仮に、そうであるなら、もっとキモスを極めないといけない。キモス写真家を目指すべし。(最悪)

う~ん。
50㎜にしても踏み込みが甘いかな。
我ながらもう少し緊張感がほしい感じ。

自分もそうだし、他の方の写真もそうですが、もう一歩踏み込んで撮らないと、
街中のスナップ(人撮った写真)って、ゼンゼン面白くない・・・って感覚があります。
個人的には、

隠れて遠くから撮ってるキモス感<突っ込んでって撮っているキンチョウ感

が、自分の琴線に触れるポイントなのかと。

今回は、被写体が個性的だから救われてるのかな。

でも、トラックが写っているチャイナタウンの写真はGRDigitalⅡ。
だから28mm相当。
というのも、チャイナタウンはあまりにもキケンなニオイが漂っていて
身の危険を感じずにはいられず、EOS5DMarkⅡを首から下げてなんかいられない感じだったので
やむを得ずGRDigitalⅡを使っていたっていうのがホントのところ。

ええ。命には代えられません。

というわけで、応募した残りの写真4枚も下の方に並べます。

で、アサヒカメラの一次予選通過してました。
土曜日に本屋で立ち読みしてたら自分の名前がありました。完全に見落としていました。
誌面には載らないので、一応ご紹介。

04img_5291

06img_4681


10rimg15796


16img_5472


|

« 目黒 | Main | 『奏』 »

Comments

バートさま

どうもです!
いやいや、節操がなくてスミマセン(^^;

でもチャンスがあれば、ガンガン行きます☆

Posted by: hiliving | March 30, 2011 07:39 AM

SHUTTER magazineにもこっそり出てらっしゃるとはビックリ!

Posted by: バート | March 29, 2011 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ”SHUTTER magazine”と”アサヒカメラ”と:

« 目黒 | Main | 『奏』 »