« 鴨宮 | Main | as a flat surface »

April 24, 2011

how to capture?

Rimg16438_edited2
「節電」:GRDigitalⅢ

土曜日は久しぶりの雨。
そういえば、PhatPhotoの今月号に、2月の御苗場の記事があります。
その46ページにノミネート作品の作者ということで名前(ローマ字で本名)を載せてもらえてます。
ありがたやありがたや。
でもあれからもう2カ月。早いもんです。。。今年もそろそろ終わりかな。。。(え?)


さてさて、日本カメラの今月号の講評で中藤先生からいただいた

”何気ない日常生活の片隅に思わぬ光景を見出す視線を持つ”

というコメント、実はものすごく感動してます。そのあたりを徒然なるままに書いてみました。

**********************************

本当は今日のこの写真、今回のコンテストに出した中でいちばん好きな写真です。
撮ったのは六本木の交差点の近く。
どこ見てるんだオマエって感じですね(笑)

・・・が、今もう一度見てみると、ちょっとストレートすぎるかも。
十分ひねくれているとも思いますが、まだ少しばかり工夫できそう。
どのあたりがと言われると、ちょっとアレなんですけど、まあそのうち機会があれば。


さて、本題。


”何気ない日常生活の片隅に思わぬ光景を見出す視線を持つ”


この言葉、本当にウレシかったです。

というのも、この言葉、まさに自分が写真を撮るときに常に意識している点。
しかも、それを自分が思っているとおりの言葉で解釈していただけているっていうのはものすごい感動。

中藤先生とお会いしたことはありますけど、じっくりと自分の写真やその取り組みを説明したわけではないし。

ただ単に、ここ7カ月のコンテストの応募で、毎月10枚ちょっとの写真を応募して、
その写真を見ていただいている中で、自分の写真について中藤先生が感じられた感想なわけです。

そこにあったのは”物言わぬ自分の写真”と”先生の解釈”だけ。

そのアウトプットとしてでてきたのが、今回の講評だったわけですから、
ある意味、自分の撮っている写真に自分の解釈やモノの捉え方が自分らしく出せていたんだなぁと。


ところで、


”何気ない日常生活の片隅に思わぬ光景を見出す視線を持つ”


って意識すると、写真を撮るときに場所や時間を選びませんし、いいですよ。


最初からできる人は天才。と、自分は思います。
そういう人やそういうユニークな視点を持っている人って時々だけどいらっしゃるんです。


で、残念ながら自分の場合は凡人なので、
少しずつ、日々の生活で見える光景を気にしていくようにしました。


そのうちに、カメラを持っていない時も、目がそういう光景を探すようになります。
通勤のときでも、仕事の会議中でも、車を運転している時でも、飲み会の最中でも。。。ホント場所を選びません。


その結果が、今の自分の写真の撮り方、というか被写体の捉え方になっていると思われます。
その部分、自分の武器とも思っているし、要検討と思える部分でもあるし。。。


露出がどうとか、レンズや機材がどうとかっていうのは、
世の中に素晴らしい本がたくさん出ているから、読めば誰でも、いくらでも、好きなように知識を得ることができる。
”カメラマン”になる材料はそこら辺にゴロゴロしてます。
ただ、カメラを使いこなせるようになるのは、”カメラが趣味”のゴール。”写真が趣味”のゴールではないと思うのです。


本にも書いてないようなこと・・・なんて言うんでしょう・・・。
”感覚的な部分”と言ってしまうと薄っぺらいんですけど、単純に”技術的じゃない部分”に時間を割くと、もっと写真が個性的になっていくんでないかと。
そこにハマってしまうと、本当に写真から抜けられなくなると思います。

でも、まあ、いつもグダグダ書いてますけど、アマチュアだし、趣味だし、正解なんてないから、絶対に型にはまる必要なんてないわけです!
当然、好きなようにやるべきと思います。何でもアリアリ☆

森山大道さんが著書の中で、


”電柱と電柱の間を歩いている距離だけで、写真集が一冊作れる。”


と仰っていた記憶があります。


”何気ない日常生活の片隅に思わぬ光景を見出す視線を持つ”


強烈なセンスを持っていれば、間違いなく可能だろうと共感できるコメント。自分も、もっとトガッテいかないといけません。


そんなわけで、日曜は銀座へ行ってきます☆

|

« 鴨宮 | Main | as a flat surface »

Comments

fuukaさま

ありがとうございます☆

ここは勇気を全く必要としないんで。
どうぞお気軽に☆思うことがあれば一つと言わず、二つでも三つでも^^

一言で”写真”って言っても、いろんな写真があるように、
いろんな意見がありますから、どうかあまり感銘を受けていただかず、
話半分くらいで気楽にお願いします。

慣れてくると、”あ~あ。あの人また言っちゃってるよ~”って感じになりますんで(笑)

とはいうものの、今後ともご贔屓に!

Posted by: hiliving | April 24, 2011 at 04:38 PM

初書き込み、失礼致します。
いつも拝見しておりますが
書き込みする勇気がなく^^;本日に至りました。
ただ今日は一つだけ伝えたくて…
本当は1行で済むんですが…(あぁ前置きが長いw
『感銘しました^^ありがとうございます』
イジョウデス(*´ェ`*)

Posted by: fuuka | April 24, 2011 at 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73718/51467781

Listed below are links to weblogs that reference how to capture?:

« 鴨宮 | Main | as a flat surface »