« 意欲 | Main | スタート »

November 02, 2015

Hawaii2014192

車を使わずに出かけるとなると
最寄りの駅まで10分くらい歩かなければならない。
距離にして約1キロと少し。
ケガするまではなんてことない距離だったのだけれど、この距離がかなり堪える。
だいぶ快方に向かっているとはいえ、
ケガ以前のスピードで歩けないので15分強かかってしまう。
今日も駅から自宅への帰り道、
スーパーで買い込んだ夕飯の品々と
仕事のカバンや傘を持ってチョコチョコと歩を進める。
わずかな時間に数え切れない人たちに追い抜かれる。
自分を追い抜く人々の気配を数メートル脇に感じながら、
足元だけに集中して歩く。
そんな歩き方にも慣れてきた。
とにかく自分の家に着けばいいわけだし。
それでも、記憶している自分の歩くスピードのイメージだと
数メートル先にいるはずなのだけれど、自分の足がついていかない。
前に進もうとしても、思ったように進めない。
この遅々として進まない感覚を小さな頃から夢で何度も見ていた。
”一生懸命走っているのに、すこしずつしか前に進めない”
そんな夢を数ヶ月に一度必ず見ていたのだけれど、
面白いことに、ケガをしてから全くその夢を見なくなったことに気がついた。

|

« 意欲 | Main | スタート »