« 9月2日土曜日について | Main | LensCulture NetworkGalleryに掲載されました! »

August 30, 2017

アイディアをカタチにするまで・・・Zineについて

Img_3676

今回の写真展に合わせて、展示作品の一部をまとめたZineを作成した。
実はこの制作にものすごい労力を使った。
なにより、とある友人の助けなしには実現しなかった。

Zineというのは、magazineがその言葉の由来。
図録というより、もうすこし手作り感の強いものというイメージ。
今回の展示写真でZineを作るならば、極力薄い紙に自分の写真を落とし込みたかった。
ものすごい薄い紙に、次のページの自分の写真が透けて見えてしまう。
「写真」というメディアの「儚さ」と「存在感」を併せ持つようなモノ。
綺麗な「写真集」ではそれは表現できない。
むしろある種の存在感を放つ「Zine」を作りたかった。
豪華だけれどもつまらない写真集。
流れるだけで記憶に止まらない電子メディア上の写真。
それらに対するアンチテーゼでもある。

日本全国の印刷屋に問い合わせたが、ことごとく断られた。
途方に暮れて頭に浮かんだのは、写真を通じて知り合った友人。
久しぶりの連絡にもかかわらず、
自分のアイディアに興味を持って話を聞いてくれた。
製作中に想定外のトラブルがあっても、妥協せず、納得のいくクオリティーで仕上げてくれた。
彼だからこそ、ここまで徹底して、作品を仕上げてくれたんだと思う。
たくさんの人に、手にとって見てもらえたらありがたい。

「special thanks : Suzuki Printing Inc.」

|

« 9月2日土曜日について | Main | LensCulture NetworkGalleryに掲載されました! »